あかぎれカサカサ酷い手荒れに効くハンドクリーム4選と予防法

あかぎれカサカサ酷い手荒れに効くハンドクリーム4選と予防法

冬も寒さが深まるごとに水仕事の多い人にはツライ時期が到来します…。
そう「手荒れ」です。あれ…、カサカサしてきたな…ん?なんか痛いな…
と思ったらもう亀裂が…!!!
私も日々の食器洗いや仕事で1日グラスを洗いまくった日なんて、もう1日でお手々がお亡くなりになります…。
そんな私と同じツライ思いをしている方に、お手々の酷い手荒れの改善方法やおすすめのハンドクリームを紹介していきたいと思います。(‘’ω’’)ノ

1酷い手荒れになる症状別原因は?

酷い手荒れと言っても、原因は様々です。
今自分が悩んでいる手荒れはどのタイプでしょうか。

(1) 乾燥からくる酷い手荒れ

いつも手が乾燥してカサカサで、よくアカギレを起こしてしまう人は下記のような行動が原因かもしれません。
① お湯で水仕事をしている
お湯は、皮脂を落としてしまうので肌を乾燥させてしまいます。
② ハンドドライヤーを使用している
よくデパートのトイレや飲食店のトイレでよく見かける「ブーン」と手の水を払い落としてくれるアレです。
ハンドドライヤーは、実は肌の乾燥につながるため使用は控えた方がいいそうです。

(2) 洗剤や薬剤負けによる酷い手荒れ

薬剤負けというと、美容師さんが特に多いのではないでしょうか。私の友人も美容師を志して美容室に就職したものの…、皮膚が弱くカラー剤やパーマ剤での薬剤負けで酷い手荒れをし、美容師への道を断念しておりました…。

皮膚が強くない人は、薬剤や食器洗い用洗剤、または日常的に使用するシャンプーなどで皮膚のバリア機能を破壊してしまい手荒れを起こしてしまうことがあります。

(3) ハウスダストアレルギーによる酷い手荒れ

ハウスダストアレルギーというと、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどが想像されますが、手がかゆくなるという症状も出ることがあるそうなので、ほこりの多いところで手がかゆくなったりした場合は、ハウスダストアレルギーの可能性も大いにあるでしょう。

(4) 食事が原因の代謝不良による酷い手荒れ

手荒れは、洗剤などの外的要因だけではなく、内面からくる原因もります。
とんかつやラーメン、などの脂っこい食事やインスタント食品などを食べすぎてしまうと、代謝機能がうまく働かず、酷い手荒れの原因になってしまうことがあります。

(5) 冷えによる血行不良からくる酷い手荒れ

冬場など、指先が冷える時期に手袋などをせずに外出をしたり、冷たい水を長時間触っていたりすることで血行不良を起こし、肌のターンオーバーがうまくできずにひどい肌荒れにつながることがあります。



2酷い手荒れを改善するにはどうすればいいの?

(1) 乾燥による手荒れの場合

乾燥が原因の場合は、こまめな保湿が大切になります。
あまり高温のお湯を使用することを控えて、水を使った後は、ハンドタオルでやさしくふき取り、ハンドクリームを塗りましょう。

(2) 薬剤負けなどによる酷い手荒れの場合

薬剤負けによる肌荒れに関しては、まず、最初に皮膚科を訪れましょう。
日常的な手荒れであれば、予防方法はいくつかありますが、仕事上薬剤を触れることがやむを得ない場合など、なかなか治すことができませんし、市販の薬よりも処方箋でもらう薬の方がはるかに効果的です。まずは、病院を訪れてみましょう。

(3) ハウスダストアレルギーによる酷い手荒れの場合

ハウスダストによるアレルギーの場合は、ほこりをためないようにこまめに掃除をしましょう。実は、私もハウスダストアレルギーなのですが、とっても掃除が苦手です…(;^ω^)

(4) 食事が原因による酷い手荒れの場合

食事が原因の場合は、とにかく食事内容の見直しをしましょう。
毎日、油物やお酒などをたらふく飲み食いしていませんか?思い当たるふしがある方は、一度改めてみましょう。手荒れだけではなく、体調も良くなるはずです♪

(5) 冷えによる血行不良からくる酷い手荒れの場合

体が冷えてしまうと、体の血行が悪くなり、新陳代謝がとても鈍くなってしまいます。
そうすると、肌のターンオーバーがうまくできず、皮膚(角質)が硬くなってしまいあの痛~いひび割れに(´;ω;`)
できるだけ、寒い日の冬場などは手袋をしたりして、冷やさないようにしましょう。

3酷い手荒れに効果的なハンドクリーム

(1) ADリッチクリーム



ひどい乾燥敏感肌の方、アトピーで悩んでいる方にとても人気の商品です。
ひどい手荒れは、「めちゃくちゃかゆい」ですよね(´;ω;`)ウゥゥ
そんなかゆみの原因となっている黄色ブドウ球菌にピンポイントでアプローチをする“抗体ダチョウ黄卵エキスを配合しています。
※卵アレルギーの元である「卵白アルブミン」は入っていません。

(2) コレールブルーハンドクリーム



保湿力はあるもののベタつきがなく、塗ったままPC作業なども♪
桜の香りとバラの香りでリラックス効果もあります^^

(3) ロクシタンシアバター



贈物にも好まれるロクシタンのハンドクリームですが、このシアバターは常温では固形で、肌に塗ると体温で溶けて浸透し、高い保湿力があるとされています☆

(4) ヒルドイド軟膏0.3%

こちらは、TVで紹介されて話題になりましたが、手湿疹や皮膚疾患で皮膚科を訪れると処方してもらえます。処方箋をもらうと健康保険が使えて安く手に入れることができますが、ただただ美容目的のために処方箋をもらって購入するのはやめてくださいね。本当に困っている時に、病院で処方してもらいましょう。

4ハンドクリームをより効果的に使用する方法

(1) 手を温めてから塗る

ハンドクリームを塗る前に手を温めてから塗ると、浸透力が増すので効果的だと言われています。塗る前に手の甲と甲をすりすりして温めてあげましょう。手の甲の方が温まりにくいので、甲が温まれば手のひらも温まります^^

(2) マッサージをする

ハンドクリームを塗ったら手をモミモミして、マッサージをしてあげましょう。
血行が良くなり、浸透率がUPします。



5まとめ

寒い時期になると、良くなっていた症状もまた再発したり、悪化したりしてしまいますよね…。
日ごろからの保湿も大切ですが、食生活や生活習慣も見直すいい機会になるかもしれません。ぜひ、手荒れの回復を目指してお手入れしていきましょうね☆