大好きな彼氏なのに最低って言われる…原因はあなたのたった1つの行動かも

大好きな彼氏なのに最低って言われる…原因はあなたのたった1つの行動かも

「あ~ムカつく」「本当最低なんだよね」「だらしなくてほんとヤダ」
こんな彼氏の愚痴、家族や友達にしていませんか?
お付き合いをしていれば、ケンカの1つや2つ当たり前にありますよね。
でもその時に気をつけて欲しいのが「彼氏の愚痴を言う」ことです。
女子会を開けば、彼氏とのノロケはもちろん、不満や愚痴を言ったりするのが定番です。
でも、一旦冷静になってください。あなた自身が彼氏の評判を爆下がりさせていませんか!?
今回は、彼氏の悪口を言うことに対してのリスクを一度考えてほしと思い記事を書いていきます。

1彼氏の愚痴を言うことで彼氏の価値を下げてしまう

お付き合いをしていれば、相手の不満が溜まることは当然あります。
愚痴を言いたくなることも沢山あります。
しかし、その愚痴をあなたは誰に話していますか!?気心の知れた友人ですか?
職場の同僚ですか?たまにしか会わない友人ですか?はたまた家族ですか?

(1)彼氏の愚痴は限られた人にだけに話そう。

前もって言っておきますが、愚痴を言うのはいけないことではありません。
言う相手を間違えないで欲しいということです。
あなたのことも彼氏のこともよく知っている友人であれば多少の愚痴はいいと思います。
それは、なぜだと思いますか?その友人は彼氏のいいところも知っているからです。
いいところを知っているからこそ「それは、もしかしたらこういう意図だったんじゃ無い?」と違った見解ももらえるでしょうし、あなた自身が勘違いしていることを指摘してもらえるかも知れません。
または、相手を知った上で、「それは良くないね」と言ってくれる場合もあります。

(2)彼氏の愚痴を誰にでも言うとどうなる?

彼氏に会ったことも無い人に彼氏の愚痴を話したら、その友人はどう思うでしょうか?
「えー最低じゃん」と思いますよね。
ましてや「浮気されてるかも知れない…」なんて話をしたもんならば、してないと言う事実が判明したとしても、その時だけ話を聞いた友人からすれば、あなたの彼氏のイメージは「浮気男」です。
言われた側は、全くいい気分はしないですし、友人のあなたの彼氏に対するイメージは最悪ですよね。

(3)自分がスッキリするだけでは済まない

愚痴を言うと自分自身結構スッキリします。
しかし、愚痴を言うことで、ムカついてた気持ちが落ち着いた…などと思いながら帰って仲直り…いやいや、ちょっと待ってください(笑)
今日あなたの愚痴を聞いた人は、少なからず彼をよく思わなくなったり、心配したり、モヤモヤした気持ちになっているかも知れません。
また、第三者にまで話が及んでいる可能性すらあります。
愚痴の影響が広範囲に及ぶ可能性があることを、心の隅っこでいいので覚えておいてください。

2彼氏の愚痴を言うことで自分自身の価値を下げてしまう

彼氏の「こういう所が嫌だ」「ムカつく」「私はこんなに頑張っているのにわかってくれない」等々、彼氏がいかにダメなやつか…なんて力説していませんか?

(1)相手は自分の写し鏡だということを忘れてはいけない

必ずしもそうとは限りませんが、類は友を呼ぶという言葉があるように、お互いに悪口を言い合っているカップルは、外から見たらどっちもどっちというケースがあります。
「彼氏が感謝をしてくれない」と言う人は、彼氏に感謝をしていますか?
一度、相手の悪い所を指摘する前に自分の行動も見直してみましょう。
彼氏をダメな人だと言うことで…あなたはダメな男の彼女なんです。
ダメだと分かっていながら一緒に居るんです。
これだけで、あなたの価値が下がっていることに気づいてください。

(2)なぜ一緒にいるのか考えてみる

他人からすると、そんだけ愚痴言うなら「別れればいいじゃん」と正直思ってしまいます。
なぜ一緒にいるのか考えてみてください。「悪い」と思っていること以上に「良い」と思っているところがあるからではありませんか?
愚痴を言うのはもちろん構いませんが、それ以上に「良い」と思うところがあるなら一緒に話しましょう。
外で、彼氏の悪いところだけを切り取って他人に話すと言うことは、相手に反論の余地もないですし、フェアじゃないですよね。
自分が同じことをされていれば、とても傷つくと思います。自分がされて嫌なことは、一度考え直してみましょう。

(3)誰も心配してくれなくなる

いつも口を開けば彼氏の愚痴…なんて人いますよね?
毎回聞いている友人からしてみれば「また始まった」「どうせ仲直りするんだから」と思われている可能性大です!
毎度「今回は本当に別れる!」などと言って周りを振り回していませんか?
結局毎回別れず、周りも呆れて、本人も周りに仲直りしたことを言いづらくなっていたりしませんか?
でも、それは自分が招いた結果であって、悪いのは自分でしかありません。
「いつも彼氏の愚痴を言う人」というレッテルが貼られると、あなたの価値は下がる一方で、本当に話を聞いて欲しい時には、誰も相手にしてくれない可能性すらあります。



3彼氏の愚痴ではなく、相談に変えてみよう!

どうしても愚痴っぽくなってしまう人は、少し話し方を変えてみましょう。
これだけで、話している内容は変わりませんが、他人から見た印象がかなり変わると思います。

(1)ネガティブな話ではなくポジティブな話をする

愚痴というととてもネガティブな印象がありますよね。人は他人のネガティブな話は正直楽しくありません。
「こういうところ嫌なんだよね、本当ムカつく」というネガティブな話にするのではなく
「こういうところ嫌で直して欲しいから、どうやったら直してくれるかな?仲良くやっていきたいんだよね〜」と前向きな話に変えてみてはどうでしょうか?
話している内容は同じですが、聞き手にとっては、「嫌だ。」と聞くと、「別れたいの?どうしたいの?」と思ってしまいます。
しかし、「嫌だから直して欲しい」と聞くと、「これからも付き合っていきたい」という意思表示が見えますので、話もしやすくなります。

(2)相談相手には必ず結果報告をしよう

相談を聞いてもらったら、「こうしたほうがいいよ!」なんてアドバイスをもらえたりしますよね。
「わかったやってみる!」と言ったものの音沙汰なし…では、相談を受けた方も心配しますし、結果が気になるところです。
もしダメだったら他の方法も考えなきゃ…。なんて思っている可能性だってあります。
相談しっぱなしではなく、必ず結果報告もしましょう。
今後も気持ちよく相談に乗ってもらうには、必ず必要なことです。
相談に乗っても、「いつもそれっきりなんだよね」と思われては、あなたの評価も下がってしまいます。
相手の貴重な時間をもらって、自分の相談に乗ってもらっているということを忘れないようにしましょう。



4まとめ

いかがでしたでしょうか。もし、「まさに私だわ…」と思った方は、一度考え直してみましょう。
自分の彼氏を最高にするのも最低にするのもあなたの言葉次第です。
いつものろけている人に不満がひとつも無いとは限りません。
素敵な彼氏だと思わせるのが上手なのかもしれません^^
せっかくお付き合いをしているんですから、自分の彼氏は、素敵な彼氏だと思われたいですよね。
ぜひ、参考にしてみてください。